カテゴリ:生物・殻・貝( 21 )
エチゼンクラゲスパイラル
f0083938_19105462.jpg
たしか藤子不二雄の短編だったか(思い出せない)・・・・・・
ある日空中クラゲ(宇宙クラゲ?)のようなものが大量に出現し、社会を混乱に陥れるという話があった。しかしあるときそれが食用に加工できることが分かり、光に集まる習性を利用し大規模な捕獲装置があちこちに建設され、食品産業が勃興、いつしかクラゲの姿は見かけなくなり、ついには絶滅してしまうというところで物語は終わる。

日本海を北上する対馬海流が、津軽海峡の西側で宗谷海流と津軽海流に別れる。渤海や黄海で発生したエチゼンクラゲは、秋には稚内に大量に漂着してニュースになっていた。そしてオホーツク海へ。

しかし流量は、宗谷海流より津軽海流の方が多い。さぞや大量のクラゲが(地域に被害を与えながら)通過していったに違いない。津軽海峡を通過して太平洋に出たエチゼンクラゲは、黒潮が陸地から離れがちに流れていた年だったことも相まって、岸よりにターンして東北・関東を南下、千葉の銚子沖で漁船を転覆させつつ、既に伊豆半島くらいには到達しているようだ。

対馬海峡と、津軽海峡でシャットアウトできないものか・・・
津軽海峡の最狭部は確か18キロほど。エチゼンクラゲの遊泳範囲はせいぜい表層から水深40m程度。なにか網でも渡してトラップを組めないか。あるいはタンカークラスのクラゲ吸引・濾過・加工船を開発して海峡に投入。
・・・って到底無理なハナシだが。

海流図
[PR]
by plaster04 | 2009-12-10 21:07 | 生物・殻・貝
でろぉぉん
なぜかアメフラシが大森浜に漂着しています。
鮮青紫色の液体を吐くアレです。
1kg近くあるいい型のものばかりです(笑)
積丹やオホーツクの磯で小さいウミウシなら見たことはありますが、こんなに大きいこのテの生き物は見たことがないです。
函館ならでは、なんでしょうか。
f0083938_14351377.jpg

[PR]
by plaster04 | 2008-08-12 14:49 | 生物・殻・貝
砂崎灯台の浜
f0083938_19175664.jpg

f0083938_20163424.jpg広い北海道でも、非常にマイナーな場所でしょう。
駒ヶ岳と噴火湾に挟まれたところ。
丸くなった火山岩や、砂鉄がびっしりと集まった浜があります。
周辺は渡島昆布の産地です。
立派な昆布が打ち上げられていました。
持ち上げてみましたが、ものすごく重かったです。
ざっとゆでて、乾燥後に細切りにしたら、刺身こんぶの出来上がり。
ですが、もって帰るのは諦めました。
f0083938_20125341.jpg

[PR]
by plaster04 | 2008-05-06 20:18 | 生物・殻・貝
ポケットから

ツマから聞いた話。


函館に転勤してきて、浜がずいぶん近くなりました。車で5分くらいです。
自転車だと、10分か15分というところでしょうか。
2、3回車で行きました。
浜に面して、ファミレスとかパチンコ屋とかホームセンターがあり、車を停める場所に苦労はしません。

さて。
ムスコがついこの間小学校に入学しました。
学区内で、「行ってはいけない場所」というのがあって、この浜に児童が行くのも禁じられています。こちらに来たばかりで、私が知らなかったんだから、ムスコも知らなかったでしょう。

知り合ってばかりの近所の友達と、自転車に乗って浜に行き、カモメの群れに突入したり、貝を拾って遊んできたらしいのです。
f0083938_22102634.jpg


そういう(早すぎる)冒険を仕切ったのは、ムスコらしいです。
海に行く道もまあ、よく分かったものだな、と。
(そもそもは、私がこういうところに行くからムスコも行きたくなった、ということです)
で、お友達のポケットから貝殻が出てきて、そちらの家でどういうことなのかという話になり、息子が下手人だった、と分かったわけです。
ムスコのジャンパーを探ると、ほほう、やはり貝殻が入ってました。
注意はしました。

注意しつつ、ワタシが子どものころは、ホタテを手裏剣にして投げあったり(危ないよな)、流氷に上ったり(網走の浜育ちです)したけどなぁなどと、思い出したりもします。
f0083938_2235422.jpg

[PR]
by plaster04 | 2008-04-11 22:01 | 生物・殻・貝
漂流TOMATO
f0083938_18301697.jpg

f0083938_20174531.jpgこないだ釣りに行ったんです。

防波堤の先端って,必ずしも良く釣れると決まってるわけではないけれど,どうしてもそういう意識が抜けないのでやっぱり行ってしまいます。水深があるし,潮通しがいいし,底が船道のため掘られて変化があったりで,いい結果が出そうな気がするのですね。

で,見かけたのがぷかぷかと漂うトマト。

視線を上げると,ほど遠くないところに真っ黒なロシア船。

続いて,バナナの皮×1,オレンジ×2 と流れてきました。

痛んだ生鮮食品を捨てたのでしょうね。
[PR]
by plaster04 | 2007-10-30 20:22 | 生物・殻・貝
ホヤ フジツボ ワールド
f0083938_1102052.jpg

[PR]
by plaster04 | 2007-03-20 01:10 | 生物・殻・貝
ほっき貝
こんだけあっても,ぜーんぶカラなんだな。
1,2個でも,けっこう食べ応えのある貝です。
あー,最近,貝を炙って食べるなんてことはぜんぜんしてないなぁ。
f0083938_025986.jpg
f0083938_0251797.jpg

[PR]
by plaster04 | 2007-02-28 00:26 | 生物・殻・貝
かぼちゃ
晩秋・初冬になると,打ち上げられる野菜たち。
はるばる漂流したのではなくて,付近の小河川から,どんぶらこと流れてきたものが,河口から海に出てすぐ漂着したものでしょう。。
望来浜にて。
f0083938_2332571.jpg

[PR]
by plaster04 | 2006-11-21 23:13 | 生物・殻・貝
オカメブンブク
大量漂着と言っては大げさかもしれませんが,200個程度の殻が打ち寄せられていました。
石狩浜にて。
f0083938_21193835.jpg

[PR]
by plaster04 | 2006-10-10 21:21 | 生物・殻・貝
ホッキ貝
どこもかしこも散乱してます。
苫小牧の近くの浜です。この辺の名物ですし。
f0083938_2204532.jpg

[PR]
by plaster04 | 2006-08-04 22:01 | 生物・殻・貝