オホーツク

旅行,というほどの準備も計画もなかったのですが。
神経疲労につき,無性に車を走らせたくなりました。
年に,1回とか,そういう時があります。
で,突き当たってみればオホーツク海だった,という感じです。
浜の名前も分かりません。この辺,といった感じ。
長大な海岸線なので,一括りにはできませんが,オホーツク海沿岸は,砂浜が非常に多いです。
f0083938_103015.jpg


雨が降ったりやんだり降ったり,前線の停滞で,大気がすごく不安定で,雷なんかも鳴っていました。なので,あまり浜を歩くことはできませんでしたが,ロシアの空きビン(酒ビンのみ)や,ロシアのペットボトル(ほとんどが清涼飲料水)をたまに見かけました。新しいものが多いです。

ああそーか,さすがロシアが近いのだなぁぁなんて思ってみたのですが,後で行ってみた紋別港には,ロシア船が何隻か入っていたので,ただの投棄物なのかもしれません。容器も,石狩浜などでもたまに見かけるもので,珍しいものではありません。近辺の活動で捨てられたものが浜に寄ってきた,といった様子で,超スケールな海流の動きをそこから感じるような漂着物はありませんでした。その他これといった漂着物もなし。

浜の近くに,定置網がかかってます。
翌早朝,同じ場所に行って見ると,網起こしをしているところでした。この時期なので,カラフトマスだと思います。
取り込みの作業性のこともあるので,もともと喫水の浅い作りなのでしょうが,船が随分傾いています。大漁なのかな。
f0083938_10343642.jpg

f0083938_10511417.jpg
f0083938_10512429.jpg
取り込みも終わって,船も港に引き返したようです。
その方向にある一番近い漁港まで車で追いかけるように行ってみると,ちょうど荷揚げをしているところでした。他にも似たような船が3,4隻ほど荷揚げをしています。
クレーンで吊り上げている網で3,4杯分くらいの漁獲があったようです。
大漁だったのでしょうか。
f0083938_10545256.jpg

[PR]
by plaster04 | 2007-08-11 11:00 | 浜辺の風景


<< 望来浜 石狩浜 >>